緊縛専門用語まとめ

私が普通に言ってしまうので、まとめてみます。

・受け手
男女問わず縛られる側のことです。
・縛り手
男女問わず縛る側のことです。
・テンション
縄のきつさ、締め具合のことです。テンションがきつい、または緩いというように言います。
・縄頭(なわがしら)、縄尻(なわじり)
縄は一本を真ん中で半分に折った状態で縛ります。
折り目の方を縄頭、その反対側を縄尻と呼びます。
・後手(ごて)縛り
両腕を後ろに組んで縛る、よく見る縛りです。これが基本の縛りになります。
・ハーネス又は腰縄
腰のあたりにかける縛りのことです。レスキュー隊の方が安全帯をつける位置にあたります。
・股縄
性器に直接かける縄のことを言います。私は基本的に股縄はかけません。
・責め縄
撮影用の縛りや優しい縛りと比較して言う場合もあります。端的に言うと縄だけで責めてプレイとして成り立つ感じです。
・縄に入る、縄酔い
縛られて眠たくなったり、気持ち良くなったりすることです。段階があって、眠たくなる、セックスみたいに声が出る、おかしくなって意識が飛ぶ、最終的には縄だけで逝けます。
・逝かせ縄
縛りだけで逝かせることです。縛られた状態で電マや鞭など道具を使うこともなく、直接身体や性器に触れることもないです。脳イキともまた違います。体だけが反応します。

他にもありますが、長くなってしまうので今日はここまで。

kasumimari

物心ついた時から私の中にあったSMの嗜好。
そのまま育ち、遊び始めたのは十代のころ。
M女から始まって、痛みでしか得られない安寧を知った。
嗜好は、痛い、苦しい、汚いのハードな苦痛系。
中でも緊縛が一番好き。
縄だけで堕とす、責め縄、逝かせ縄が私の縛り。
貴方に合った、貴方のためだけのSMをします。

kasumimariをフォローする
Uncategorized
シェアする
kasumimariをフォローする
CarmillaBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました